カートをみる マイページログイン ご利用ガイド お問い合わせ レビュー サイトマップ
RSS

hinolismoについて

日本に住んでブラジルに想いを馳せながらデザインするTシャツ屋です。
また、暮らしの中で目にしたり、気持ちがTシャツになることもあります。

地球の反対側に位置する、ブラジルと日本、遠いけど関わりの深い2つの国。
たとえば音楽。サンバとボサノヴァは既によく知られていますが、ノルデスチ(北東部)音楽には、
フレーヴォ、フォホー、バイオン、ショッチ、コーコ、マラカトゥ、シランダ、シャシャード、など
たくさんのリズムがあるように、ちょっとやそっとでは語り尽くせないブラジルです。
そんな多様なブラジルの音楽や食べ物、風景、自然に惹かれて、Tシャツを探しましたが、
見つからないので自分で作ったのがはじまりです。

hinolismoは、Tシャツ一着の前と背中2枚の「絵」で、一つの物語のように考えています。
ブラジルがテーマなので言葉もポルトガル語です。

プリントは、長年のヘビロテにも耐えられるよう、版をおこしシルクスクリーン法を使っています。
Tシャツ屋になる前に出会ってからずっと一筋に着ているボディ、
USAコットン100%アメリカ縫製&日本国内染色「Good Onグッドオン」を使用しています。 
いつの間にか着てしまう気持ちよさ。そして長持ちします。 

はじめた当初は、一つのデザインに対し決まった色でしたが、
お客さまからいただいたリクエストがきっかけで、ボディとプリントどちらも色を選べるようにしました。
ご注文をいただいてからプリントして送り出します。
刷り上げた瞬間、お客さまの選択に感嘆感謝しています。
hinolismoが使うデザインTシャツをお気に入りの一着に育てていただけたら幸せです。

WEBショップのみでの販売ですが、2017年に初の展示&オーダー会、
2018年も9月に開催できました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ページトップへ