カートをみる マイページログイン ご利用ガイド お問い合わせ レビュー サイトマップ
RSS

アレンジしてみる

hinolismoが使うGood onTシャツは、

流行に左右されずいつでもいつまでも着られる飽きのこないベーシックな形。

でも、リブ襟に物足りなさを感じている、レディース・メンズの皆さま、

必見のナイスなアイデア到着です。

届いた画像は、
現在はどちらも終了しておりますが、

hinolismoコラボ七分袖、
SAMBATOWN限定円頓寺Tシャツを

自分仕様にアレンジした素敵な着こなし。

ゼジさん&お客さまに感謝です。



襟元にご注目!

左:アレンジ無:hinolismoノルデスチT  右:アレンジ襟:SAMBATOWN円頓寺T




Tシャツ素材は、同じ七分袖キャメルを使っています。




襟のリブ部分をご自分でカットして

ぐっとオトナっぽくおしゃれに着こなしていらっしゃる!

(メリハリ無し店長との体型差は無視しましょう)

襟は切りっ放しのままで、ほつれ止めなど一切していないとのこと。

下の画像のように、切り端が自然にクルンと巻くので、

ちょうど処理してある裾に似た、いい感じになっています。





もちろん、半袖のクルーネックにも応用いただけます。


洗濯したらほつれちゃうんじゃないの?

いえいえ。実は店長、今まで内緒にしてましたが

hinolismo以前に買った少々長めの裾を、

この「キリッパナシ」で解消して長年着ています。



左:カットした状態   右:着ると自然にクルンと巻きあがってきます。


でも心配、という方へ

なんと!慎重派なお客さまから
朗報いただきました。




違いはハサミを入れる部分、以下詳細をご覧ください。



襟の部分、リブ側の縫い目と身頃側の縫い目がありますね。


その1】身頃側の縫い目の下で切る、くるりん仕上がり。






その2】リブ側の縫い目の上、端の処理を残して切る、より安心仕上がり。






ハサミだけでできちゃうアレンジ。

端がちょっとガタついても、巻いてしまうので目立ちません。

不器用な店主にももってこいでした。

ちなみに裾をアレンジする場合は、2cmくらいクルルルンと巻きあがるので

それを見越して長めに残すのがコツです。

もちろんミシンなどで処理をすればさらに安心です。

(腕に自信がない場合、無理せず少しずつやりましょう)


一味違うコーディネイトや重ね着も楽しめそうです。

ところでこのコラボTシャツ、

hinolismoの「Companheiros-コンパニェイロス現在半袖のみ」がベースになっています。

SAMBATOWN-サンバタウン限定円頓寺Tシャツ

hinolismoブログで紹介してますが

終了しています。ご了承ください。

ページトップへ