カートをみる マイページログイン ご利用ガイド お問い合わせ レビュー サイトマップ
RSS

海のオリシャ、イエマンジャ(IEMANJA)Tシャツ-半袖マリンブルー

ブラジル独特の宗教文化、アフリカをルーツとしたカンドンブレ。

そこには、数百とも千以上いるともいわれるオリシャ(神)が存在し、

最も代表的かつ、歌にも登場するほどのオリシャ、

それが、海の女神イエマンジャ。





フロント

オリシャは、それぞれ、森羅万象の世界を構成する4つのエレメント(要素)、

火・大地・水・空気のどれか(一つとは限らない)と結びつくそうですが、

それぞれ象徴するモチーフもあります。

イエマンジャは、その美しさを映す鏡や扇、貝、カジキ、月、星など。

そこから、「IEMANJÁ」の文字をトップに飾り、

「I」の上に貝、「e」と「a」は海の渦、アクセント記号に星、

半月に、海を包む月の力をこめました。

髪は、波模様と生命の素を表した楕円を交互に。

波に跳ねるカジキに手を添えるイエマンジャの眼差し。






背中。

大小多様な生命の集合体のような青い海。

小さな細胞から巨大な生物、それら全てが、絶えない輪を作るかけがえのない生命。

また、イエマンジャは、海に生きる漁師の守り神でもあるので

網を放つ漁師の姿も入れました。

それらを見護るイエマンジャが、

カンドンブレの儀式、アタバキ(太鼓)のリズムで踊りながら揺らす

波のゆりかごをイメージして作りました。


O som dos atabaques.
アタバキの音

Iemanjá dança,
イエマンジャは踊り、

Balança as ondas.
波を揺らす。

O espelho em sua mão,
その手に鏡

Espelha seu sorriso.
ほほえみが映る

Reflete ciclo da vida.
命の輪が映る


イエマンジャの鏡は、自身の美しさを映すそうです。

hinolismoは、その鏡を通して、海の過去、現実、未来や

希望も映してるかもしれないと思いました。

その理由は、カンドンブレとオリシャに詳しい方から、

「絶対的な神ではなく、

なりたい自分や願望をオリシャに投影したり、状況に寄り添ったり、

自分を助けるもう一人の自分、分身である。」

という見方を知ったからです。

現地での実体験はなくても、映像でのカンドンブレの儀式には、

そのリズムも含めて、人々とオリシャが同じステージ(場)にいる感じがしていたら、

さらには、誰もが、自分の四方を4人のオリシャが保護しているということ。

状況でオリシャが入れ替わったりもするそう。

現地しかるべき所のしかるべき人にみてもらうと自分のオリシャわかるそうです。

hinolismoもいつか知りたいです。

もちろんカンドンブレ体験も。

ちなみに以前、どこにでもいると言われてきた、八百万の神にかぶり、興味津々だと、

オシャラTシャツ」にも書いています。

また、一言でカンドンブレといっても、

流派いろいろ、儀式のスタイル、オリシャの名前表記や解釈も

テヘイロ(教会のようなもの)によっても異なるとのこと、

予めご了承くださいませ。




100%USAコットンマークつき

アメリカで縫製し日本で製品染めのこだわり

Good On クルーTシャツ ピグメント染めマリン。

(hinolismo色名マリンブルー)使用。

愛用の一着に育てる楽しみ、魅惑の色落ち(店主のマリンブルー1年目)。




育てる楽しみの経年変化、これからガンガン着て洗って育てます!





配色は、イエマンジャの色、青と白が基本。

ですが、もちろん、生地色とプリント色を選ぶカスタマイズもいたします。

「迷える半袖」各色

「迷えるラグラン半袖Sサイズ」


hinolismoのロゴを、内側サイド下に表にひびきにくい色でプリントします。

洗濯・プリントについては こちら


海のオリシャ、イエマンジャ(IEMANJA)Tシャツ-半袖マリンブルー

価格:

4,620円 (税込)

サイズ:
購入数:
返品期限・条件 返品条件など返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (1件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

◎半袖(クルーネックタイプ)


半袖 各サイズ着用画像

サイズ着用例

半袖S・Mサイズ着用比較(身長154cm/体重43kg/女性、寸胴体型)

長年Sサイズ愛用の本人(店長)による感想
S:程よい余裕で夏は素肌に快適、春秋冬もインナーに重ねて通年同じサイズで愛用しています。
 ちなみにピタT、チビTは苦手です。
M:1.5〜2サイズアップの印象です。ゆったり大きめに着たり、冬、セーターやパーカーをインしたい時に良さそう。


さて、ベースとなるTシャツのことをもう少し。

Tシャツは、良いコットン・素肌にも気持ちよく・長持ちする生地に刷りたい。

hinolismoが使う素材【Good Onグッドオン】半袖クルーTシャツの

メーカー価格は、無地で3,564円(2016年2月1日改定・税込)、決して安くありません。

その理由は、メーカーのモットー「無地のTシャツで個性を語る」が生み出す、

揺るぎないクオリティ、「コットン」と「作り」からきています。

肥沃な大地・太陽・ピュアな雪解け水で育った

高品質コットン100%(上質アメリカ綿50%以上が条件)の証


【コットンUSAマーク】の中でも100%上質USAコットン、

更にミシン糸までコットン100%という

究極のコットンTシャツ
なのです。

その綿を生かす 手間を惜しまない丁寧な作りが生む、大量生産にない縫製の技。

・日本人の体型バランスで考えられた、襟ぐりの深さ・着丈・袖丈。

・脇に縫い目がない丸胴編みのよじれない快適さ。

・着心地を良くしつつ、伸びや型くずれを防ぐ丈夫な縫製。


このTシャツを染め上げるのは、日本国内、希少となった染色技術。

・粒子の大きい顔料で生地の表面を染め、

摩擦により表面や縫い目に出るジーンズの「アタリ」のように

独特のカスレ感を出す加工も大量生産にはできない個性。

・着るほどに洗うほどに、表情を残しながら変化していく色合い。


着る人の体になじんでいくのは、絶妙な厚み(5.5オンス)と天竺編みのなせる技。

その良さを最も実感できるのが、蒸し暑い日本の夏。

汗をかいても、空気感があり、ペタっとしない・首まわりも暑苦しくない。

気がつけば、袖を通す回数が増えている。

春、秋、冬の重ね着にもちょうど良い、まさに365日対応の作り。


hinolismoで使用するGoodOnのTシャツ

洗濯回数による色の変化

生地色ごとの変化は、魅惑の色落ちを参考に。

丈夫でへこたれず、しかも空気感のある快適な着心地がずっと続く。

むしろ秀逸のコストパフォーマンスです。

お客さまのレビューでも実証済み。

天然の綿花が原料であること、縫製後の染色から洗い、乾燥処理の工程で

生まれる、風合い、個体差、カスレ方など、一枚ごとの表情も

お楽しみいただいています。


月日を経るほど、着る人に愛着と風合いを感じていただける

このTシャツを表現する素材に

着るからには前も背中も絵がほしい、表裏で一枚の主張を貫きます。

プリントには、月日を経てこそのTシャツにふさわしい

シルクスクリーンという耐久性の高い方法を選択、

1枚1枚手刷りする、hinolismoだけのTシャツをお届けします。


ページトップへ